省エネルギー対策にもなる!壁面緑化で快適生活

建物の温度上昇を防ぐ壁面緑化

壁面緑化とは、建物の外側に植物を生育させ壁を覆うほどの規模にすることです。それにより、建築物の温度上昇を抑えることが出来ますので、省エネルギー効果が期待されます。窓を覆うように植物を設置することで、カーテンの代わりになる遮光効果が得られる他、建築物の壁面も遮光されることにより、壁面の蓄熱を抑えることができます。また植物の蒸散作用からくる気化熱によって建物の温度を下げることが出来るとともに、植物の光合成による二酸化炭素吸収による地球温暖化の緩和など、さまざまなメリットがあります。

壁面緑化にはメリットがたくさん!

壁面緑化は、その効果によって、別名緑のカーテンとも呼ばれています。壁面を覆う植物により、日差しからくる紫外線を壁面から守るとともに、温度変化もゆるやかにすることで壁面の劣化を軽減することも可能です。また、植物を鑑賞することもできますから、目の保養や美的景観の構築にも一役買います。更には植える植物によっては、果実を収穫することもできますので、一石二鳥にはとどまらない効果があります。木によって日差しを防ぐことも壁面緑化と同様の効果を期待できるものですが、この場合は、グリーンカーテンと呼ばれています。

壁面緑化の目的別の植物

壁面緑化は、もともと遮光や目隠しの効果として用いられ、その効果はカーテンとして利用されてきました。例を挙げると、日本では、つるの植物を用い、支柱や外壁に這わせて栽培しますが、落葉樹を選ぶことで、秋には葉を落とすために、秋冬には日差しを受けて建物を温める効果を持たせることが可能になります。遮光効果を期待する場合に選ばれる植物は、ツタやキヅタなどが選ばれ、鑑賞も主にする場合は、アサガオが選ばれることも多いです。

壁面緑化と聞くと水やりや肥料などの世話が大変だと想像する方は多いですが、きちんと土台を作ることでほとんど手入れがいらない施工も可能です。